煙や嫌な臭いが出る紙巻タバコはもう古い!?電子タバコの魅力や選び方を紹介!

当サイトでは電子タバコの魅力や選び方ご紹介しています。
煙や嫌な臭いが出る、従来のような紙巻タバコよりも新しい製品に興味がある人におすすめです。
加熱式タバコからリキッドを用いた電気で吸えるタバコに変えるメリットも解説しています。
似ていて異なるこれらの違いも分かりやすいでしょう。
またお気に入りを見つられる選び方に関しても解説しています。
様々な種類のものの中から、自分にピッタリのアイテムを選ぶために参考になります。

煙や嫌な臭いが出る紙巻タバコはもう古い!?電子タバコの魅力や選び方を紹介!

近年選ぶ人が増えている電子タバコの魅力は何なのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
電子タバコはタールやニコチンが含まれていなくても、煙草を吸っているような感覚を楽しむことができるアイテムです。
タバコを吸う量を減らしたいと考えている場合に役立つことがあります。
またメンソールやフルーツなど様々なフレーバーがあるのも楽しい点です。
見た目もお洒落なので、自分好みの電子タバコを見つけると良いでしょう。

電子タバコと一般的な加熱式タバコの違い

近年、健康への影響と有害物質の発生を軽減するといった視点から、通常の紙タバコのほかに「次世代タバコ」といわれているタバコがブールになっています。
次世代タバコには、大きく分けて「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の二種類が挙げられます。
両者が通常のタバコと決定的に異なるのは、吸い込むのが煙ではなく「水蒸気」である点です。
タバコの葉っぱを燃やすことで発生する強いにおいや、有害物質が発生しないことが現代的といえます。
そして、次世代タバコ2種類の違いは、電子タバコは、プロピレグリコールや植物性グリセリンなど食品添加物の香料が入ったリキッドを加熱することで、発生する霧状のベイパーを吸う製品で、タバコの葉を使用しないことが特徴です。
一方、加熱式タバコは、タバコ葉を使用しますが、燃焼するのではなく加熱することで発生する霧状の蒸気を吸うもので、より通常のタバコに近い味わいです。
双方の違いを把握したうえで、シチュエーションや求める味わいによって、セレクトしていくのが理想的です。

電子タバコが人間の健康に与える影響

近年、紙巻きタバコの価格高騰や喫煙への規制強化の影響で電子タバコに切り替える方も多いのではないでしょうか。
また電子タバコは紙巻きタバコよりも健康にいいから、と思って切り替える方もいるかもしれません。
確かにニコチンなどの有害物質の量は紙巻きタバコよりもかなり少ないことは事実です。
副流煙が少ないのも特徴です。
しかし電子タバコが与える人体への影響がゼロとは言い切れません。
実際、電子タイプのものからもホルムアルデヒトなどの有害物質が検出されていています。
電子タイプのものと紙巻きタイプのものの健康リスクを比べてもそこまで大差がないということがわかっていて、世界保健機関WHOもたびたび警鐘を鳴らしています。
使用中の爆発や発煙・発火の事故といった電子ならではの危険も、使用する上では加味しなければなりません。
電子タバコを使用するかどうかを迷っている方は、こういったリスクも考えながら専門医に相談することをおすすめします。

海外製電子タバコのリスクと日本製の違い

最近は、タバコの代わりに電子タバコを愛用する人も増えています。
見た目もスタイリッシュでおしゃれな雰囲気があること、煙が出ないので周囲への影響も少ないなどが理由としてあげられます。
電子タバコは日本製と海外製のものがありますが、どちらも同じようなものと考えている人も多いのではないでしょうか。
まず、電子タバコは専用のリキッドを使います。
フレーバーも豊富なので飽きずに楽しめるのも良いところです。
国内産のリキッドの場合はニコチンは含まれていないので、健康面でも安心できます。
海外製も、基本的には日本製と同じように使用します。
この時に気をつけたいのはリキッドです。
国内で販売されているリキッドにはニコチンは含まれていませんが、外国製ではニコチンが含まれているリキッドが販売されていることもあります。
それから、外国製のものは本体が粗悪なものも多いのでこちらも注意が必要です。
安心して使用するなら、やはり日本製がおすすめです。

紙巻タバコより低コストで楽しめる電子タバコ

禁煙に挑戦する人も増えていますが、その理由は健康維持や周囲への影響を避けるためだけではありません。
紙巻タバコの金額も以前と比べて値上がりしており、そのために禁煙を考える人も増えています。
とはいえ、やめてようとしてもニコチンが切れたときのストレスや物足りなさを感じ、ついタバコに手を出してしまう人も多いと言われています。
そこで、注目されているのが電子タバコです。
電子タバコを始めるには、まずはスタータセットなどを揃える必要がありますが、その後はリキッドの購入費用ぐらいで済みます。
長く楽しむのであれば、紙巻きタバコよりも低コストになります。
浮いた費用で趣味を楽しむなど、他の用途に使うこともできますし電子タバコのリキッドには基本的にニコチンは含まれていないので、健康面でも安心です。
ニコチンを使わなくても、物足りなさをカバーすることができます。
リキッドも種類豊富に用意されているので、飽きずに楽しめるのも良いところです。

著者:坂口朝子

筆者プロフィール

千葉県浦安市生まれ。
成人してすぐにタバコの魅力に取りつかれた愛煙家。
今回は電子タバコの魅力を記事にしました。
ニコチン0の電子タバコ